ファクタリングについて

ファクタリングとは

ファクタリング (factoring) とは、企業が保有している売掛金(請求書)をファクタリング会社(ファクター)が買い取ることで、事業資金の調達を可能にするサービスのことを言います。

売掛金を売却することで、速やかな資金化を可能にするため、融資に頼らない資金調達方法の一つです。


保有している売掛金を売却する行為のため、金銭消費貸借契約に基づく借入にはあたりません。


日本は、世界的に見ても銀行融資の依存度が高い傾向にあり、中小企業経営者や個人事業主の方が事業資金の調達をするための選択肢が少ない点が指摘されています。

近年、融資に頼らない資金調達手段として、ファクタリングの利用を国も推奨しています。


企業経営における資金繰り・キャッシュフローの悩みを解決する方法として、ファクタリングは注目されています。


ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリット

ファクタリングには、大きく以下のようなメリットがあります。


 最短即日で資金調達可能

2社間ファクタリングであれば、最短即で事業資金を調達日することが出来ます。

一般的な資金調達手段である銀行融資に比べて、非常に機動的な資金化を図ることが可能です。


 担保・保証人不要

ファクタリングは、融資・借入ではないため、担保や保証人を用意する必要がありません。

あくまでも、資産価値のある売掛債権を売却する取引であるため、売掛金以外を提供する必要はなく、保証人を探す手間もありません。


 審査は柔軟

ファクタリングは、借入ではなく債権の買取りであるため、納入企業の経営状態や業績等は問われません。

売掛金の存在を証明し、売掛先の信用力が確認できれば審査に通る確率は高いと言えます。


 信用情報への影響なし

銀行融資は、金銭消費貸借契約に基づく取引であるため、信用情報に影響を及ぼしますが、ファクタリングは売買行為もしくは譲渡行為であるため、信用情報機関に取引内容が登録されることはありません。

ファクタリング利用後の金融機関からの融資審査や自社の対外信用力への影響を心配する必要はありません。


 償還請求権なし(ノンリコース)

償還請求権(リコース)とは、売掛先の倒産などで売掛債権が支払われなかった場合に、直接、利用者(納入企業)に代償の返還を請求する権利のことを言います。

償還請求権なし(ノンリコース)のファクタリングでは、万が一、売掛先から支払いが行われなかった場合でも、ファクタリング会社が全ての負担を取るため、利用者がその支払いを肩代わりすることはありません。


 売掛先に知られることなく資金化可能

利用者(納入企業)とファクタリング会社の2社間で行うファクタリング(2社間ファクタリング)であれば、売掛先に知られることなく売掛債権を売却することが出来ます。

周囲から資金繰りを不安視されるリスクを回避でき、取引先と関係が悪化することもないので、利用しやすい資金調達方法だと言えます。


 オフバランス化

ファクタリングは、銀行などからの借り入れとは違い、オフバランス化を図ることが可能です。

貸借対照表(B/S:バランスシート)に記載される債権などを資産の部から切り離す(OFF)ことができるため、結果的に資産が健全化されて効率的な企業運営が可能になります。


ファクタリングのデメリット

ファクタリングのデメリット

ファクタリングには、大きく以下のようなデメリットがあります。


 取引先への通知・承諾が必要(3社間)

3社間ファクタリングを利用する場合は、売掛先(取引先)に売掛金の売却を行う旨の通知を行わなければいけません。

また、この申し出に対する承諾を得る必要があります。

売掛先(取引先)にファクタリングの利用を知られるということは、今後の取引に悪影響を及ぼす可能性があります。


さらに、取引内容などによっては、債権譲渡登記を行わなければならないこともあります。


 手数料が割高(2社間)

2社間ファクタリングは、3社間に比べて手数料が割高であるため、実際に手にするお金は額面よりもある程度低くなる場合が一般的です。


  • 2社間での手数料の相場 … 10~30% 程度
  • 3社間での手数料の相場 … 1~5% 程度

2社間ファクタリングは、3社間よりもファクタリング会社(ファクター)の負担が大きいため、手数料は高額に設定されています。


 資金使途は事業にのみ限定される

ファクタリングの資金使途は、事業の運営にのみ限定されます。

たとえば、従業員・社員の給与を支払うため、設備投資のため、企業再生にかかる費用のため、会社倒産を回避するための事業再生のためなど、会社経営に関する用途に限定して利用が認められています。


そのため、個人の借金を補填する目的や生活費などに利用することは認められていません。


 ファクタリング会社の乱立

ファクタリングサービスは、借り入れに頼らない新たな資金調達手段として注目されており、事業者からのニーズも高まっています。

それに比例する形で、近年では、大小様々なファクタリング会社が乱立しています。


しかし、中には悪質なサービスを行う闇金まがいの業者も存在しているのが実情です。

そのため、安心して取引をすることが出来る、質の高いファクタリング会社を選ぶことが大前提となります。


ファクタリング会社を比較

ファクタリング会社を選ぶ時は、複数の業者に問い合わせをして、それぞれの会社の見積もりを取ることが重要になります。

各社の見積もりを比べた結果、最も条件の良い会社に依頼することが最善の資金調達に繋がります。


代表的なファクタリング会社5社を厳選してピックアップし、比較掲載しています。


三共サービス

三共サービスでファクタリング

業界トップクラスの実績!他者利用中でもOK。売掛金の売却ですばやく資金調達、キャッシュフロー改善率は92.4%「三共サービス」


入金時間最短翌日 手数料3社間:1.5%~
2社間:5%~
審査通過率97.6%~ 取引額100万円~1億円
個人事業主× 契約方法電話・メール
取扱サービス2社間/3社間 分類独立系
特徴取引先の信用を気にすることなく資金調達スピーディー対応。24時間受付。法人向け。償還請求権ノンリコース契約。

詳しくはこちらから


ファクタリング【えんナビ】

えんナビ

2社間契約で秘密厳守を徹底しているので、売掛先や従業員に知られることはありません。24時間365日最短1日の資金調達が可能。「えんナビ」


入金時間最短1日 手数料2社間:5%~
審査通過率記載なし 取引額30万円~5000万円
個人事業主 契約方法電話・メール
取扱サービス2社間 分類独立系
特徴赤字決済、債務超過、税金滞納、返済の条件変更などでお悩みの方でも大丈夫。最短即日で資金調達。

詳しくはこちらから


アクセルファクター

売掛金売却で資金調達「アクセルファクター」

小口買取専門(300万円以下)のスピードファクタリング。最短即日入金、手数料5%、審査通過率93%「アクセルファクター」


入金時間最短即日 手数料2社間:5%~
審査通過率93%~ 取引額下限なし(300万円以下)
個人事業主 契約方法電話・メール・郵送
取扱サービス2社間 分類独立系
特徴300万円以下の"小口専門"とすることで、最短即日入金・最低手数料5%・審査通過率9割超を実現。

詳しくはこちらから


アンカーガーディアン

ファクタリング アンカーガーディアン

他社から乗り換え歓迎!即日スピード資金調達。業界最高水準で九州から関西の西日本全域対応!「アンカーガーディアン」


入金時間最短翌日 手数料2社間:3%~
審査通過率100%~ 取引額~5,000万円
個人事業主 契約方法メール・FAX・郵送
取扱サービス2社間/3社間 分類独立系
特徴債務超過、税金滞納、個人事業主でも問題なく対応。金額・内容に関わらず売掛金の100%を買取!西日本全域の企業が対象。

詳しくはこちらから


MSFJ

ファクタリングなら株式会社MSFJ

いつでもあなたのパートナー宣言をモットーに、利用者の立場に立ち、それぞれの立場にあった手数料で経験豊富な資金調達のプロが最後までサポート。「MSFJ」


入金時間最短即日(100万円まで) 手数料2社間:3.8%~(最大300万まで)
2社間:1.8%~(最大5,000万まで)
審査通過率記載なし 取引額~5,000円
個人事業主 契約方法電話・メール
取扱サービス2社間 分類独立系
特徴信用機関へデータが残ることは一切なし。取引先に秘密を保持したまま資金調達が可能。「クリックファクタリング」「プレミアムファクタリング」の2種類から選択可能。

詳しくはこちらから


アセットファイナンスとは

企業経営において必要不可欠となる資金調達には多種多様の方法がありますが、大きくアセットファイナンス、デッドファイナンス、エクイティファイナンスの3種類に分類されます。このページでは、アセットファイナンスと呼ばれる資金調達方法について詳しく解説しています。

ファクタリングと電子記録債権(でんさい)の違い

ファクタリングは、売掛債権を売却して資金調達を可能にするサービスですが、同じように債権を現金化するサービスに電子記録債権(でんさい)があります。ファクタリングとでんさいは共通点があるため、混同することもあるかもしれません。このページでは、両者の特徴を見ていくことで具体的な違いを明らかにしていきます。

ファクタリング会社の選び方

ファクタリングサービスを利用しようと思っても、「何を基準に会社選びをすればいいの?」「どの会社に申し込めばいいか分からない。」などの疑問を持たれている方は決して少なくありません。ここでは、ファクタリングサービスを利用する際に最も重要になる、ファクタリング会社選びで失敗しないための選び方を中心に説明しています。

掛取引(売掛金・買掛金)とは

掛取引とは、商品取引の支払い方法の一つで、商品の引渡し時に代金支払いを行なわず、決められた支払期日までに支払いを行なうことを言います。「代金の後払い」と言い換えることも出来ます。双方の信用に基づいて行われるため、信用取引とも呼ばれます。このページでは、掛取引(売掛金・買掛金)に関する基礎知識を説明しています。

ファクタリングの種類

企業が売掛債権を売却して資金化を図る方法のことをファクタリングと呼びますが、一口にファクタリングと言ってもその種類は様々です。ここでは、「買取ファクタリング」「保証ファクタリング」「一括ファクタリング」「診療報酬債権ファクタリング」「国際ファクタリング」等の代表的なファクタリングについて説明をしていきます。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いについて

ファクタリングの仕組みは、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類に大別されます。どちらも売掛金を売却して資金化をすることが目的ですが、その手順や結果(費用や入金までの期間)については大きく異なります。このページでは、2つの取引方法の違いを見ていくことで、メリットとデメリットを説明していきます。

ファクタリングとは

ファクタリングとは、売掛金や受取手形などの売掛債権を保有している企業が、ファクタリング会社に売掛債権を売却することで、速やかに事業資金を調達することが出来る金融サービスです。企業にとっては、自社の資金ニーズに応じて臨機応変に売掛債権を売却することで、スピーディーに売却代金を受け取ることが可能です。