オフバランス化のメリットとは

オフバランス化のメリットとは

ファクタリングのオフバランス化とは

ファクタリングは、借入ではなく売掛債権の買取(売却)であるため、資産のオフバランス化(Off Balance)を図ることが出来ます。


オフバランスのバランスとは、バランスシート(貸借対照表)のことを指します。

オフバランスは、バランスシートに記載しない取引のことを指します。

逆に、オンバラスと言う場合は、バランスシートに記載する取引のことを指します。


オフバランス化とは、資産をバランスシートから切り離す(オフにする)ことを意味しますが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

このぺージでは、オフバランス化によるメリットに焦点を当てて解説しています。


ファクタリング会社リスト

中小企業ビジネスサポート

手数料は業界最低基準の2%~。最短即日実行可能でMAX1億円まで対応。資金調達のことなら「中小企業ビジネスサポート」


アクセルファクター

小口買取専門(300万円以下)のスピードファクタリング。最短即日入金、手数料5%、審査通過率93%「アクセルファクター」 


アンカーガーディアン

他社から乗り換え歓迎!即日スピード資金調達。業界最高水準で九州から関西の西日本全域対応!「アンカーガーディアン」


三共サービス

売掛金活用でスピーディーに資金調達!他社利用中でもOK!手数料5%~ 2社間ファクタリングの【三共サービス】



バランスシートとは

バランスシートとは

バランスシート(Balance sheet、B/S)= 貸借対照表とは、企業の「資産」「負債」「純資産(資本)」の状態を表すために用いられる財務諸表のことを言います。


資産企業が所有する財産のこと。流動資産、固定資産、繰延資産の3つで構成される。
負債企業が抱えている借入金や未払い代金などのこと。流動負債、固定負債の2つで構成される。
純資産(資本)会社の資産総額から負債総額を差し引いた金額のこと。

一般的には、複式簿記の記帳方法で「借方」として左側に記帳される「資産」の合計と、「貸方」として右側に記帳される「負債」「純資産(資本)」の合計がバランスすることが名称の由来とされています。


資産 = 負債 + 純資産(資本)


しかし、バランス(Balance)には、「均衡」や「釣り合う」という意味の他に、「残高」という意味もあります。

そのため、本来の意味では、現在の資産や負債の残高を表すシート(用紙)のことであると考えることも出来ます。

事実、バランスシートは、決算日時点までの仕訳の記帳を集計した「資産残高一覧表」として使用されます。


バランスシートという言葉は、2つの解釈が可能なため、ダブルミーニングな言葉だと言えます。


オフバランス化のメリット

企業は、債権や株式といった金融資産などの「資産」を保有していますが、これらは全てバランスシート(貸借対照表)上の「資産の部」に記載されています。

また、銀行などから借入金や支払手形などがある場合は「負債」として、バランスシート上の「負債の部」に記載されます。


これらをバランスシートから切り離す(オフバランス化)ことで、「資産」「負債」を小さくすることが可能になります。


計上されるはずのバランスシート上の「資産」や「負債」をオフバランス化することで、企業の会計をすっきりさせ、経営状態を良好に見せることが出来ます。


バランスシートをスリム化させる意味

バランスシートのスリム化(圧縮)を図ることは、企業価値を上げることに繋がります。

当たり前のことですが、利害関係者からの客観的な価値や評価を高めることは大きなメリットとなります。


企業にとって重要なポイントとなるのが、財務体質の改善です。

財務体質の改善とは、具体的にはバランスシートと利益率(収益)の改善のことを指します。


  • バランスシートの改善 … 債権などの資産や借入金などの負債を減らすことで実現される。
  • 利益率(収益)の改善 … 売上を増やす、粗利益率を上げる、固定費などのコストダウンなどにより実現される。

バランスシートを改善させるためには、「資産」「負債」を減らすことが重要になります。


資産を減らす方法には、以下のようなものがあります。


  • 売掛債権の圧縮
  • 設備をリースに切り替える
  • 在庫の管理・圧縮
  • アウトソーシング
  • 有価証券・固定資産の売却
  • 保険積立金の見直し、など

下図のように「資産」を売却して現金化し、そのお金で「負債」を減らすことがセオリーです。


バランスシートの改善

お金を生まない「資産」を売却することで管理コストを減らし、売却したお金で「負債」を減らすことを意識する必要があります。


資産を圧縮することは、自己資本比率の向上、ROAなどの財務指標の改善が期待できるため、企業体力を高めることに繋がります。

ROAは、ROE(自己資本利益率、Return On Equity)と共に投資家からの注目度も高いため、ROAの改善を課題とする企業も多いようです。


ROAとは

ROA(総資産利益率、ReturnOnAssets)とは、総資産に対してどれだけの純利益が生み出されたのかを示す、財務分析の指標のこと。

企業に投下された総資産が、利益獲得のためにどのくらい効率的に利用されているかを把握するために利用される。


ROAの数値が高いほど、資産を効率よく活用していると考えられるため、企業の評価は高くなります。


ROAの計算式は、以下の通りです。


ROA(%) = 利益 ÷ 総資産 × 100


このように、ROAを改善するためには、利益を増やす、資産を減少させる、もしくはその両方を行うのいずれかを実行することが求められます。

ファクタリングを利用すれば、バランスシート(貸借対照表)の「資産」を小さくし、「負債」を減らすことが出来るのでスリム化(圧縮)を図ることが出来ます。


ファクタリングによるオフバランス化のメリット

売掛金は、回収するまでに時間がかかるため、売掛先から支払いを受けるまではバランスシートの「資産」を大きくする要因の1つになります。


ファクタリングは、保有している売掛債権(売掛金)を売却して資金調達を可能にするサービスです。

そのため、現在、抱えている資産を売却して、バランスシートのスリム化を図ることが出来ます。


また、売掛金を売却したことで得られる資金は、借入とは異なるため負債として計上されません。


ファクタリングは、早期に資金調達を図れるだけでなく、バランスシート上の資産を減らし、会計的負債の回避を可能にするサービスであると言えます。


ただし、必ずしもファクタリングサービスを利用しなければならないというわけではありません。

取引先にお願いして支払期日よりも前倒しで、売掛金の回収を行うことも可能です。


いずれにせよ、経営体質を改善するために資産(売掛金)の圧縮をする場合は、このような方法を実行することが求められます。


まとめ

オフバランス化は、企業の価値を高めるために行われる行為です。


バランスシートをスリム化(圧縮)して、資産を効率的に活用することで売上の向上に繋げることを目的としています。

また、これにより、金融機関や投資家といった外部からの評価を上げることが出来るため、借入コストの削減にも繋がります。


企業が保有する売掛債権を売却することで資金調達を図るファクタリングは、企業がオフバランス化を図る上で有効な手段の一つであると言えます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする