ファクタリング契約時の必要書類

ファクタリング契約時の必要書類

ファクタリング契約時の必要書類

ファクタリングを契約する際は、審査時において必ず必要書類の提出が求められます。

実際にファクタリングの申し込み時に必要書類の内容を確認しておくことが大事ですが、予め把握しておけばスムーズに手続きを行うことが可能になります。


ファクタリングは最短即日で資金調達ができるサービスですが、迅速に入金を確認したい場合は、必要書類を事前に用意しておくことをおすすめします。


ここでは、ファクタリング利用時に用意すべき必要書類について説明をしています。


ファクタリング会社比較表

三共サービス
三共サービス
えんナビ
えんナビ
アクセルファクター
アクセルファクター
アンカーガーディアン
アンカーガーディアン
七福神
七福神
ジャパンマネジメント
ジャパンマネジメント
個人事業主×
手数料3社間:1.5%~‎
2社間:5%~‎
2社間:5%~‎2社間:2%~‎2社間:3%~‎お問い合わせ下さい2社間:3%~‎
全国対応西日本全域
入金時間最短翌日最短即日最短即日最短翌日最短即日最短即日
取引額100万円~1億円30万円~5,000万円30万円~3,000万円~5,000万円お問い合わせ下さい30万円~5,000万円
公式サイト詳細詳細詳細詳細詳細詳細


必要書類の種類

必要書類の種類

ファクタリングは銀行融資とは違い、審査手続きは比較的スムーズに行われます。


銀行融資の審査期間は、2、3日もしくは10日程度を要します。

実際に融資を受ける場合は、1週間もしくは半月~1ヶ月程度かかります。


一方、ファクタリング(2社間)は、最短であればその日の内に審査の結果が通知され、入金を確認することが出来ます。


ファクタリングの必要書類には以下のようなものがあります。


  • 身分証明書(運転免許証、マイナンバーカードなど)
  • 会社の存在を証明するための書類(商業登記簿謄本、印鑑証明書など)
  • 経営状況を把握するための書類(決算書、損益計算書、貸借対照表など)
  • 納税を証明するための書類(納税証明書)
  • 成因資料(発注書、納品書、請求書など)
  • 入出金を確認するための書類(通帳、座照合表)
  • 取引先との基本契約書

用意する書類はファクタリング会社によってやや異なりますが、多くの場合は上記の必要書類


身分証明書

申込者本人であることを確認するために、身分証明書の提示が求められます。


身分証明書として認められるものとしては、運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなどがあります。


会社の存在を証明するための書類

会社が実在することを証明するために、登記の事実や許認可を得ている事実を記載した書類を提出する必要があります。

存在しない会社と契約をした場合に想定されるリスクを回避するため、ファクタリング会社は登記簿謄本や印鑑証明書などを確認します。


経営状況を把握するための書類

基本的にファクタリング審査で重要視されるのは、売掛先企業の経営状況です。

ただし、2社間ファクタリングの場合は、売掛債権の売却金はファクタリング利用会社に入金されます。

後日、利用会社は取引先から支払いを受けた売掛金をファクタリング会社に支払うことになるわけですが、その間に会社が倒産した場合はファクタリング会社が損失を被ることになります。


そのため、利用会社の経営状況を把握するために、決算書、損益計算書、貸借対照表などを確認することで判断材料とします。


納税を証明するための書類

ファクタリングの利用に際しては、納税の有無は無関係です。

原則的には、社会保険料や税金を払っていない会社であっても取引を行うことが出来ます。


しかしながら、利用会社が税金未納の場合は差し押さえに遭うケースや、売掛金を税金支払いに使用するリスクがあります。


そのため、ファクタリング会社は納税の事実を把握するため、納税証明書を確認することになります。


成因資料

成因資料とは、売掛債権が発生した根拠となる書類のことを言います。

売掛債権は、取引先との取引で生じた営業上の債権を指す場合が一般的です。


成因資料は、実際に売掛債権が存在することを証明するための資料となるため、重要な書類です。


成因資料には、発注書、納品書、請求書などがあります。


入出金を確認するための書類

銀行口座の入出金を確認するための書類を求められる場合があります。


これは、利用会社と取引先(売掛先)企業の過去の取引を確認することを目的としています。

通常、企業間の取引は、長期間の積み重ねに基づくものである場合が一般的です。


特に、売掛債権が高額な場合は、過去の取引の事実が重要視されます。


入出金を確認するための書類としては、通帳や当座照合表などがあります。


取引先との基本契約書

ファクタリング会社は、利用会社から売掛債権を買い取るにあたり、実際の取引内容を確認する必要があります。

ファクタリング会社に譲渡する売掛債権に関する取引基本契約書の提出を求められることがあります。


取引基本契約書とは、当事者間において、継続的に商品の売買や製造の委託などを行う際の基本的な契約条件を定めた書類のことです。


企業間で大きな取引をする際は、取引基本契約書を取り交わすのが一般的です。通常、個別的な発注については発注書などを用います。


取引基本契約書が無い場合でも、ファクタリングを利用することは可能です。

基本契約書を取り交わすことなく、発注書や注文書のみで取引を行っていた場合は、その旨をファクタリング会社に伝えて下さい。


まとめ

予め、ここで挙げた書類を用意しておけば、スムーズにファクタリング審査を受けることが出来ます。

ただし、用意すべき必要書類はファクタリング会社によって異なるため、必ず確認しておくようにしましょう。


ファクタリング会社を比較

ファクタリング会社を選ぶ時は、複数の業者に問い合わせをして、それぞれの会社の見積もりを取ることが重要になります。

各社の見積もりを比べた結果、最も条件の良い会社に依頼することが最善の資金調達に繋がります。


代表的なファクタリング会社5社を厳選してピックアップし、比較掲載しています。


三共サービス

三共サービスでファクタリング

業界トップクラスの実績!他者利用中でもOK。売掛金の売却ですばやく資金調達、キャッシュフロー改善率は92.4%「三共サービス」


入金時間最短翌日 手数料3社間:1.5%~
2社間:5%~
審査通過率97.6%~ 取引額100万円~1億円
個人事業主× 契約方法電話・メール
取扱サービス2社間/3社間 分類独立系
特徴取引先の信用を気にすることなく資金調達スピーディー対応。24時間受付。法人向け。償還請求権ノンリコース契約。

詳しくはこちらから


ファクタリング【えんナビ】

えんナビ

2社間契約で秘密厳守を徹底しているので、売掛先や従業員に知られることはありません。24時間365日最短1日の資金調達が可能。「えんナビ」


入金時間最短1日 手数料2社間:5%~
審査通過率記載なし 取引額30万円~5000万円
個人事業主 契約方法電話・メール
取扱サービス2社間 分類独立系
特徴赤字決済、債務超過、税金滞納、返済の条件変更などでお悩みの方でも大丈夫。最短即日で資金調達。

詳しくはこちらから


アクセルファクター

売掛金売却で資金調達「アクセルファクター」

業界トップクラス(3,000万円以下)のスピードファクタリング。最短即日入金、手数料2%、審査通過率93%「アクセルファクター」


入金時間最短即日 手数料2社間:2%~
審査通過率93%~ 取引額30万円~3,000万円以下
個人事業主 契約方法電話・メール・郵送
取扱サービス2社間 分類独立系
特徴「審査通過率93%」「手数料2.0%~」「最短即日入金」と圧倒的なスピードで早急に資金調達可能。
経営者さまへ安心してご利用頂けるサービスを提供。

詳しくはこちらから


アンカーガーディアン

ファクタリング アンカーガーディアン

他社から乗り換え歓迎!即日スピード資金調達。業界最高水準で九州から関西の西日本全域対応!「アンカーガーディアン」


入金時間最短翌日 手数料2社間:3%~
審査通過率100%~ 取引額~5,000万円
個人事業主 契約方法メール・FAX・郵送
取扱サービス2社間/3社間 分類独立系
特徴債務超過、税金滞納、個人事業主でも問題なく対応。金額・内容に関わらず売掛金の100%を買取!西日本全域の企業が対象。

詳しくはこちらから


MSFJ

ファクタリングなら株式会社MSFJ

いつでもあなたのパートナー宣言をモットーに、利用者の立場に立ち、それぞれの立場にあった手数料で経験豊富な資金調達のプロが最後までサポート。「MSFJ」


入金時間最短即日(100万円まで) 手数料2社間:3.8%~(最大300万まで)
2社間:1.8%~(最大5,000万まで)
審査通過率記載なし 取引額~5,000円
個人事業主 契約方法電話・メール
取扱サービス2社間 分類独立系
特徴信用機関へデータが残ることは一切なし。取引先に秘密を保持したまま資金調達が可能。「クリックファクタリング」「プレミアムファクタリング」の2種類から選択可能。

詳しくはこちらから



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする