ファクタリングと手形割引の違い

ファクタリングと手形割引の違い

ファクタリングと手形割引

ファクタリングは、従来の手形割引とよく似たサービスとして一般に認識されています。

手形割引はその名の通り手形を媒介とした取引ですが、ファクタリングは売掛債権(売掛金)を対象とします。


このページでは、手形割引の特徴や手順を見ていくことで両者の違いを明らかにしていきます。


ファクタリング会社リスト

中小企業ビジネスサポート

手数料は業界最低基準の2%~。最短即日実行可能でMAX1億円まで対応。資金調達のことなら「中小企業ビジネスサポート」


アクセルファクター

小口買取専門(300万円以下)のスピードファクタリング。最短即日入金、手数料5%、審査通過率93%「アクセルファクター」 


アンカーガーディアン

他社から乗り換え歓迎!即日スピード資金調達。業界最高水準で九州から関西の西日本全域対応!「アンカーガーディアン」


三共サービス

売掛金活用でスピーディーに資金調達!他社利用中でもOK!手数料5%~ 2社間ファクタリングの【三共サービス】



手形割引とは

手形割引とは

手形割引とは、満期前の手形を金融機関や専門業者へ裏書譲渡し、満期日までの利息に相当する額や手数料を差し引いた金額に換金してもらうサービスのことを言います。

手数料を割り引いた金額を受け取るため、手形割引と呼ばれます。単に割引と呼ぶこともあります。

金融機関などで手形割引を利用した際の手数料は手形割引料と呼びます。経理上は手形売却損として損金処理されます。


手形・小切手を発行した者(取引先)のことを手形振出人、手形割引を行う業者のことを手形割引人手形割引業者と言います。


もちろん、受け取る金額は満期日まで待って手形の振出人に支払いを請求するよりも少なくなります。


しかし、手形割引は、通常の支払期日より前に手形を売却することで資金化を図ることが出来ため、迅速な資金調達が可能です。


かつて、「手形割引」は、手形を担保にした融資(貸し付け)とみなされていましたが、現在では手形の売買として扱われています。


手形を使って融資を受ける場合は「手形貸付」を利用することになります。


手形貸付とは

借用証書の代わりに借主(振出人)から貸主(受取人)に発行された手形を担保に銀行から融資を受けること。手貸(てがし)とも呼ばれる。貸付け金額は手形金額に相当する。


手形貸付は、ローンと同様に金銭消費貸借契約に該当しますが、銀行貸し付けよりも。


手形とは

手形とは、一定の資格や権利を証明する書面のことを言います。


一般には、一定の期日に代金を支払うことを約束した有価証券のことを指し、商品やサービスの決算時に利用されます。

つまり、手形は「いつまでにいくらの額を支払うか」を約束した用紙です。


かつては、実際に書面に本人の手形を押していたことが、その名称の由来とされています。


手形は、すぐに現金に交換できる小切手とは違い、2~3ヶ月後の支払期日までは手形代金を受け取ることが出来ません。

手形の券面に記載された期日のことを支払期日と言います。また満期日を意味します。


現在は、手形の交換高は減少傾向にあり、ピーク時の90年代の1割以下で交換所も減り続けていると言われています。


手形は、大きく為替手形約束手形の2種類に分けられます。


為替手形とは

為替手形とは、振出人(発行者)が支払人に宛てて、一定の日(満期日または支払期日)に手形金額を受取人、もしくは指図人に支払うよう委託する有価証券のことを指します。


為替手形のやり取りは、振出人と支払いを指図する振出人(発行者)、受取人の3者間で行われます。


約束手形とは

約束手形とは、振出人が一定の期日に一定の金額を受取人に対し、支払うことを約束する有価証券を指します。約手という略称で呼ばれることもあります。

日本国内で流通する手形の多くが、この約束手形です。


約束手形のやり取りは、通常、振出人と受取人の2者間で行われます。


為替手形
手形の振出人が、第三者(支払人)に委託し、受取人またはその指図人に対して一定の金額を支払ってもらう形式の有価証券のこと
約束手形
手形の振出人が、受取人に対し、一定の期日に一定の金額を支払うことを約束する有価証券のこと

手形取引では、振出人や支払人、受取人、指図人などの利害関係者が存在します。

代表的な名称を以下にまとめています。


  • 振出人 … 手形を発行した者。発行者とも。
  • 支払人 … 為替手形の支払いをなすべき者として振出人により指定された者。
  • 受取人 … 振出人(発行者)から手形・小切手の交付を受けた最初の所持者のこと。
  • 指図人 … 手形の裏書により次の権利者と指定された者のこと。為替手形取引のみ。
  • 名宛人 … 名を指定されている人のこと。例:約束手形の受取人、為替手形の支払人など。
  • 引受人 … 為替手形の引き受けをした支払人のこと。
  • 裏書人 … 受け取った手形を他者に譲渡したり、取立委任するために手形の裏面に署名した者のこと。

また、手形取引では、裏書手形や不渡手形などの用語も使用されます。


裏書手形とは

裏書手形とは、受け取った手形(為替手形・約束手形)に裏書をして、債務の支払いのために第三者に譲り渡した手形のことを指します。


裏書とは法律用語、もしくは紙の裏面に書かれた文字・文章のことを言います。

一般的には、手形・小切手を所有する人、また、その手形・小切手を譲渡した履歴の記録のことを指します。


手形・小切手など、指図証券の裏書きをする人のこと裏書人とを言います。

裏書人は、原則、自分より前の裏書人に対して支払請求をすることが出来ます。

振出人が手形金の支払いを行わない時は、裏書人がその支払義務を負うことになります。


手形を満期日前に他人に譲渡する場合は、手形の裏面に被裏書人(譲受人)の署名を行い、裏書人(譲渡人)が署名・押印をします。


不渡手形

不渡手形とは、手形受取人に額面金額が支払われない手形のことを言います。

振出人の当座預金残高を上回る金額の手形が振出された際などに、金融機関が支払いを拒否された場合に発生します。


手形の不渡りが発生した場合の対策として、金融機関は契約に基づき買戻請求権遡求権を行使することがあります。


買戻請求権とは

金融機関が手形割引で入手した手形に関して、手形割引の依頼人に買い戻しを請求できる権利のこと。

金融機関を保護するための銀行取引約定書に定められている。


遡求権とは

振出人から手形の支払いがない場合などに、その手形の所有者が裏書人などに対し、代償として一定金額の支払いを請求すること。


手形割引の流れ

手形割引の大まかな手順は以下の通りです。


  1. 取引先へ商品・サービス提供
  2. 取引先による代金手形払い
  3. 手形割引業者に手形債権を売却
  4. 手形割引業者による取引先の審査
  5. 手形割引業者から手形割引代金の支払い

取引先へ商品・サービス提供

取引先に対して手形割引利用者が商品・サービスの提供を行います。



取引先による代金手形払い

取引先は、商品・サービス提供の対価として手形の振り出しを行います。



金融機関に手形債権を売却

金融機関や手形割引業者に保有している手形の割引を申し入れます。

申込みは、来店手続きやインターネット・電話などで行うことが出来ます。


ただし、申し入れをすれば無条件に引き受けてもらえるわけではありません。

手形割引の利用に際しては、必ず審査が行われます。



金融機関による審査

金融機関や手形割引業者により、手形割引を依頼する企業と取引先(手形振出人)の審査が行われます。

審査の結果、取引の可否や割引率が決定します。

審査内容や受取り金額に納得した場合は、契約書を交わすことになります。



金融機関から手形割引代金の支払い

金融機関や手形割引業者から、手形の額面から支払期日までの相当分の割引料を割り引いた金額が支払われます。

来店であれば、契約書の作成が済み次第、その場で現金を受け取ることが出来ます。

郵送手続きの場合は、現金振込までに2~5日程度の日数を要します。


ファクタリングと手形割引の相違点

ファクタリングと手形割引にはいくつかの共通点と相違点があります。


ファクタリングは売掛金、手形割引は受取手形の売買契約であるため、どちらも借入や融資とは異なります。

借入・融資は、金銭消費貸借契約であるため、利息制限法に基づき利息が発生します。

手形割引やファクタリングの利用にあたっては、手数料(割引料)等が必要になります。


また、売掛金、受取手形は資産であるため、売却することでバランスシート(貸借対照表)のスリム化を図ることが出来ます。

つまり、バランスシートのオフバランス化により企業価値を高めることに繋がります。


オフバランス化とは、資産をバランスシートから切り離す(オフにする)ことを意味しますが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?このぺージでは、オフバランス化によるメリットに焦点を当てて解説しています。

手形と売掛金は、共に金銭の支払いを後日に繰り延べるためのものです。

どちらも支払期日前に現金化を行うことが出来るため、希望するタイミングで資金調達を行うことが可能です。


ただし、ファクタリングと手形割引は大きく以下の点に違いがあります。


  • 不渡りリスクの有無
  • 審査の有無

不渡りリスクの有無

手形割引には、不渡りリスクが付きまといます。

手形や小切手の不渡りが発生した場合は、支払期日を過ぎても債務者から債権者へ額面金額が引き渡されないため、支払い不能に陥ることを意味します。


ファクタリングは、償還請求権なし(ノンリコース)の契約も多いため、万が一、取引先が倒産・廃業した場合でも利用者(納入企業)に支払い義務は発生しません。

つまり、利用者に金銭的な保証を求められることはありません。


審査の有無

手形割引は、通常の融資と同様に審査が行われます。

金融機関・手形割引業者が行う審査では、依頼者と取引先(手形振出人)の双方が対象となります。

審査では、万が一の不渡りに備えて、資金回収のための保証能力を重視します。


一方、ファクタリングは、売掛金が回収できるかどうかが重要なため、審査の対象は取引先(売掛先)のみです。

そのため、依頼者(納入企業)の財務状況や事業内容などが問われることはありません。

基本的には、売掛金を保有していればファクタリングサービスを利用することが出来ます。


まとめ

手形は、主に中小企業の決済手段として活用されていましたが、近年では大幅に減少しているのが実情です。

手形の流通自体が減っているため、手形割引の利用も減少傾向にあります。


一方、ファクタリングで用いられる売掛金は、商品やサービス代金の未回収金です。

手形とは違い恒常的に発生するものであるため、市場で広く流通されています。


これは手形割引やファクタリングに限った話しではありませんが、会社によって商品の内容が異なるため、各社の情報を比較して条件のよい所に申し込むことが重要になります。


ファクタリングとABLは、どちらも売掛債権を利用した資金調達であるため、混同しやすいサービスであると言えます。このページでは、ABL(売掛債権担保融資)について詳しく見ていくことで、ファクタリングとの違いを明らかにしていきます。
ファクタリングと一括支払信託は、どちらも企業が保有する債権を現金化することができる金融サービスです。どちらも企業の資金調達の多様化・安定化に繋がる手段として注目されています。このページでは、それぞれの特徴を見ていくことで違いを明らかにしていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする