ファクタリングと売掛債権流動化の違い

ファクタリングと売掛債権流動化の違い

ファクタリングと売掛債権流動化

売掛債権を現金として手にするには、決済期日が到来するまで数ヵ月持たなければならない場合が一般的です。

企業にとっては、売掛債権の早期現金化を図ることで、資金繰りは安定します。


近年では、その具体策として資産・売掛債権の流動化が注目されています。


このページでは、ファクタリングと売掛債権流動化の違いついて説明をしています。


ファクタリング会社リスト

中小企業ビジネスサポート

手数料は業界最低基準の2%~。最短即日実行可能でMAX1億円まで対応。資金調達のことなら「中小企業ビジネスサポート」


アクセルファクター

小口買取専門(300万円以下)のスピードファクタリング。最短即日入金、手数料5%、審査通過率93%「アクセルファクター」 


アンカーガーディアン

他社から乗り換え歓迎!即日スピード資金調達。業界最高水準で九州から関西の西日本全域対応!「アンカーガーディアン」


三共サービス

売掛金活用でスピーディーに資金調達!他社利用中でもOK!手数料5%~ 2社間ファクタリングの【三共サービス】



売掛債権流動化とは

売掛債権流動化とは

売掛債権流動化とは、決済期日が到来する前に企業が保有する売掛債権を第三者(銀行など)に譲渡する、もしくはそれを担保に融資を受ける資金調達方法を言います。


通常、「資産を流動化する」と言った場合は、資産(企業が保有している支払い期日前の売掛債権)を売却または証券化して現金化することを意味します。


売掛債権流動化のメリット

売掛債権流動化には、以下のようなメリットがあります。


  • 資金繰りが改善する
  • オフバランス化(資産の圧縮)が図れる
  • 信用力の向上に繋がる
  • リスクマネジメントに役立つ
  • キャッシュフロー経営の推進が行える

資産の流動化を行えば、現金化を図ることが出来るため資金繰りが改善します。

また、貸借対照表から資産を外すことでオフバランス化を図ることが出来る点がメリットです。


オフバランス化とは

企業が保有する資産、および負債を会計から外す(オフする)こと。


外部からの評価を高めることになるため、信用格付けの工場など企業価値を高めることに繋がる。

また、借入の利息負担を軽減することで、資産利益率(ROA)などの財務諸表を改善することが出来る。


売掛債権流動化は、資産の生み出すキャッシュフローを原資として資金調達を行うことができる点が特徴です。


売掛債権流動化とファクタリングの違い

売掛債権流動化は、文字通り売掛債権を流動的に活用する行為を指します。

ファクタリングも売掛債権を売却することで現金化を図るサービスであるため、広い意味では売掛債権流動化であると考えられます。


ファクタリングとは、売掛金や受取手形などの売掛債権を保有している企業が、ファクタリング会社に売掛債権を売却することで、速やかに事業資金を調達することが出来る金融サービスです。企業にとっては、自社の資金ニーズに応じて臨機応変に売掛債権を売却することで、スピーディーに売却代金を受け取ることが可能です。

つまり、売掛債権流動化といった場合、特定のサービスを指すわけではなく、物事を包括的に捉える際に使用する言葉であると言えます。

分りやすく言えば、ファクタリングは、売掛債権流動化というカテゴリの中に含まれる下位概念の一つに位置づけられます。


たとえば、「球技」と言った場合は、特定の競技を指すわけではありません。

「球技」の中には、野球やサッカー、バスケットボールなどがあるのと同様の関係性を持ちます。


そのため、売掛債権を担保に融資を受ける「売掛債権担保融資」や売掛債権を証券化することで資金調達を行う「売掛債権証券化」なども売掛債権流動化の一つであると言えます。


売掛債権流動化には、大きく3つの方法があります。


ファクタリング

ファクタリングとは、企業が保有する売掛債権を手数料を払ってファクタリング会社(ファクター)に売却し、その売却益によって資金調達を行うサービスのことを言います。


ファクタリングには、利用者とファクタリング会社の2社間で行う2社間ファクタリングと、利用者と取引先、ファクタリング会社の3社間で行う3社間ファクタリングの2種類に大別されます。


ファクタリングの仕組みは、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類に大別されます。どちらも売掛金を売却して資金化をすることが目的ですが、その手順や結果(費用や入金までの期間)については大きく異なります。このページでは、2つの取引方法の違いを見ていくことで、メリットとデメリットを説明していきます。

2社間と3社間では、以下のような違いがあります。


2社間ファクタリング3社間ファクタリング
売掛先への通知不要必要
費用売掛債権額の10%~30%程度売掛債権額の2%~10%程度
審査比較的厳しい比較的易しい
資金調達までの時間即日~数日半月~数ヶ月後

ファクタリングは、借入に依存しない中小企業の新たな資金調達方法として、国(経済産業省)も活用を推進しています。



売掛債権担保融資

売掛債権担保融資とは、企業が保有する売掛債権を担保に融資を受ける資金調達方法を指します。

銀行融資と同様の借入であるため、債権者に対して返済義務と利息の支払いが発生します。


ファクタリングは売掛債権を売却譲渡する行為ですが、売掛債権担保融資は債務不履行時に備えて一時的に売掛債権を移転譲渡することとなります。


また、バランスシート(貸借対照表)上では、「負債」として計上されます。


企業の流動資産・動産を担保として活用し、金銭を借り入れる仕組みのことをABL(Asset Based Lending:アセット・ベースト・レンディング)と言います。

ABLは、売掛先へ通知を行う必要がないため、取引先に融資の事実を知られることはありません。


ファクタリングとABLは、どちらも売掛債権を利用した資金調達であるため、混同しやすいサービスであると言えます。このページでは、ABL(売掛債権担保融資)について詳しく見ていくことで、ファクタリングとの違いを明らかにしていきます。

売掛債権証券化

売掛債権証券化とは、企業が保有している売掛債権をSPVと呼ばれる特定目的法人に譲渡し、その対価として資金を調達する方法のことを言います。


SPVとは

SPV(Special Purpose Vehicle)とは、証券化やプロジェクト・ファイナンスを目的とする事業のこと。特別目的事業体やSPE (Special Purpose Entity) とも呼ばれる。

SPVのうち法人格を有するものはSPC(Special Purpose Company、特別目的会社)と呼ばれ、国際投信を営むなど、その事業は多岐にわたる。


SPVは、売掛債権が生み出すキャッシュフローを裏付けとした資産担保証券などの流動性が高い金融商品として投資家等に発行します。

つまり、売掛債権の証券化にあたって、企業と投資家の媒介役を果たす役割を担っている団体であると言えます。


売掛債権流動化の3つの手段を簡潔にまとめると下表の通りです。


ファクタリング売掛債権を売却し、その売却益で資金調達を行う資金調達方法。
売掛債権担保融資売掛債権を担保に融資を受ける資金調達方法。
売掛債権証券化売掛債権を特別目的事業体(SPV)等へ移転させることで行う資金調達方法。
売掛債権は証券化した商品として投資家に発行される。

まとめ

売掛債権流動化とファクタリングは、違いを見出して比較するものではなく、包括・被包括の関係にあります。

そのため、「売掛債権流動化を検討する」といった場合は、ファクタリングだけでなく売掛債権担保融資(ABL)や売掛債権証券化などの方法も視野に入れることを意味します。


いずれも売掛債権の支払期日前に現金化を図ることが出来るため、資金繰りに困っている企業にとっては有用な資金調達手段です。

売掛債権流動化は、企業の資金ニーズに応じて適切な方法を選択することが重要となります。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする