ファクタリングと期日払いの違い

ファクタリングと期日払いの違い

ファクタリングと期日払い

期日払いは、近年、大企業を中心に利用されています。

また、ファクタリングサービを利用する企業も増加傾向にあります。


このページでは、期日払いの詳細を見ていくことでファクタリングとの違いを明らかにしていきます。


ファクタリング会社比較表

三共サービス
三共サービス
えんナビ
えんナビ
アクセルファクター
アクセルファクター
アンカーガーディアン
アンカーガーディアン
七福神
七福神
ジャパンマネジメント
ジャパンマネジメント
個人事業主×
手数料3社間:1.5%~‎
2社間:5%~‎
2社間:5%~‎2社間:2%~‎2社間:3%~‎お問い合わせ下さい2社間:3%~‎
全国対応西日本全域
入金時間最短翌日最短即日最短即日最短翌日最短即日最短即日
取引額100万円~1億円30万円~5,000万円30万円~3,000万円~5,000万円お問い合わせ下さい30万円~5,000万円
公式サイト詳細詳細詳細詳細詳細詳細


期日払い(期日現金)とは

期日払いとは、物を購入したり、サービスの提供を受けた際に、その代金として決められた期日(90日後、120日後など)に現金を金融機関に振り込む決済方法を指します。

期日現金・期日現金払いと呼ばれることもあります。


企業の信用力を担保にして行われる信用取引の一つとして認識されています。


例えば、締め日から90日後に期日払いを行う場合を例に挙げると以下の通りです。


事例

3月末締めで請求をした場合、3ヶ月(90日)後の6月29日が期日となります。


通常、手形は取引の支払い時点で現金が用意できない場合などに用いられますが、期日払いも手形と同じ目的で利用されます。

手形と同様に支払期日に現金振り込みで支払いを行いますが、約束手形などが発行されることはありません。


つまり、期日払い(期日現金)は、手形発行に伴う経費(印紙税や手形管理費など)を削減できるというメリットがあります。

ただし、手形取引の件数が少数の場合は、あまりコスト削減に繋がらないこともあります。


期日払いは、手形のように割引や譲渡を行うことは出来ません。

そのため、支払期日前に現金化をすることも出来ません。


ファクタリングは、従来の手形割引とよく似たサービスとして一般に認識されています。手形割引はその名の通り手形を媒介とした取引ですが、ファクタリングは売掛債権(売掛金)を対象とします。このページでは、手形割引の特徴や手順を見ていくことで両者の違いを明らかにしていきます。

ファクタリングとの違い

期日払い(期日現金)は、企業が提供しているサービスではなく決済方法・手段の一つです。


一方、ファクタリングは、売掛債権の売買取引によって資金調達を可能にするサービスです。

また、売掛債権に保険をかけてリスクを回避する場合にも利用されます。


ファクタリングとは、売掛金や受取手形などの売掛債権を保有している企業が、ファクタリング会社に売掛債権を売却することで、速やかに事業資金を調達することが出来る金融サービスです。企業にとっては、自社の資金ニーズに応じて臨機応変に売掛債権を売却することで、スピーディーに売却代金を受け取ることが可能です。

このように、そもそもの利用意図が異なるため、違いを見つけるという表現はあまり適切ではないかもしれません。


期日払い(期日現金)は、売掛債権であるため、ファクタリングサービスを利用することが可能です。


ファクタリングを利用すれば、代金の支払期日前に現金化をして資金調達を行うことが出来ます。


売掛債権とは

商品やサービスの販売などによって、受け取れるはずのお金を請求できる権利のこと。


ただし、売掛債権の売却にあたっては手数料を支払う必要があるため、実際に手にするお金は売掛代金の額面よりも小さくなります。


まとめ

期日払い(期日現金)とファクタリングは、そもそも比較する対象ではないと言えるでしょう

期日払いは、あくまでも代金債権であり、金融サービスではありません。

比べる対象としては、手形などの方が適切でしょう。


ファクタリングは、未回収の売掛金を買い取ってもらうことで企業の資金調達をサポートするサービスです。

期日払いは、代金支払いまでの期日が比較的長い(90日・120日など)ため、早期に資金調達を行う際はファクタリングを利用するという方法も有効です。


ファクタリング会社を比較

ファクタリング会社を選ぶ時は、複数の業者に問い合わせをして、それぞれの会社の見積もりを取ることが重要になります。

各社の見積もりを比べた結果、最も条件の良い会社に依頼することが最善の資金調達に繋がります。


代表的なファクタリング会社5社を厳選してピックアップし、比較掲載しています。


三共サービス

三共サービスでファクタリング

業界トップクラスの実績!他者利用中でもOK。売掛金の売却ですばやく資金調達、キャッシュフロー改善率は92.4%「三共サービス」


入金時間最短翌日 手数料3社間:1.5%~
2社間:5%~
審査通過率97.6%~ 取引額100万円~1億円
個人事業主× 契約方法電話・メール
取扱サービス2社間/3社間 分類独立系
特徴取引先の信用を気にすることなく資金調達スピーディー対応。24時間受付。法人向け。償還請求権ノンリコース契約。

詳しくはこちらから


ファクタリング【えんナビ】

えんナビ

2社間契約で秘密厳守を徹底しているので、売掛先や従業員に知られることはありません。24時間365日最短1日の資金調達が可能。「えんナビ」


入金時間最短1日 手数料2社間:5%~
審査通過率記載なし 取引額30万円~5000万円
個人事業主 契約方法電話・メール
取扱サービス2社間 分類独立系
特徴赤字決済、債務超過、税金滞納、返済の条件変更などでお悩みの方でも大丈夫。最短即日で資金調達。

詳しくはこちらから


アクセルファクター

売掛金売却で資金調達「アクセルファクター」

業界トップクラス(3,000万円以下)のスピードファクタリング。最短即日入金、手数料2%、審査通過率93%「アクセルファクター」


入金時間最短即日 手数料2社間:2%~
審査通過率93%~ 取引額30万円~3,000万円以下
個人事業主 契約方法電話・メール・郵送
取扱サービス2社間 分類独立系
特徴「審査通過率93%」「手数料2.0%~」「最短即日入金」と圧倒的なスピードで早急に資金調達可能。
経営者さまへ安心してご利用頂けるサービスを提供。

詳しくはこちらから


アンカーガーディアン

ファクタリング アンカーガーディアン

他社から乗り換え歓迎!即日スピード資金調達。業界最高水準で九州から関西の西日本全域対応!「アンカーガーディアン」


入金時間最短翌日 手数料2社間:3%~
審査通過率100%~ 取引額~5,000万円
個人事業主 契約方法メール・FAX・郵送
取扱サービス2社間/3社間 分類独立系
特徴債務超過、税金滞納、個人事業主でも問題なく対応。金額・内容に関わらず売掛金の100%を買取!西日本全域の企業が対象。

詳しくはこちらから


MSFJ

ファクタリングなら株式会社MSFJ

いつでもあなたのパートナー宣言をモットーに、利用者の立場に立ち、それぞれの立場にあった手数料で経験豊富な資金調達のプロが最後までサポート。「MSFJ」


入金時間最短即日(100万円まで) 手数料2社間:3.8%~(最大300万まで)
2社間:1.8%~(最大5,000万まで)
審査通過率記載なし 取引額~5,000円
個人事業主 契約方法電話・メール
取扱サービス2社間 分類独立系
特徴信用機関へデータが残ることは一切なし。取引先に秘密を保持したまま資金調達が可能。「クリックファクタリング」「プレミアムファクタリング」の2種類から選択可能。

詳しくはこちらから


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする