ファクタリングと期日払いの違い

ファクタリングと期日払いの違い

ファクタリングと期日払い

期日払いは、近年、大企業を中心に利用されています。

また、ファクタリングサービを利用する企業も増加傾向にあります。


このページでは、期日払いの詳細を見ていくことでファクタリングとの違いを明らかにしていきます。


ファクタリング会社リスト

中小企業ビジネスサポート

手数料は業界最低基準の2%~。最短即日実行可能でMAX1億円まで対応。資金調達のことなら「中小企業ビジネスサポート」


アクセルファクター

小口買取専門(300万円以下)のスピードファクタリング。最短即日入金、手数料5%、審査通過率93%「アクセルファクター」 


アンカーガーディアン

他社から乗り換え歓迎!即日スピード資金調達。業界最高水準で九州から関西の西日本全域対応!「アンカーガーディアン」


三共サービス

売掛金活用でスピーディーに資金調達!他社利用中でもOK!手数料5%~ 2社間ファクタリングの【三共サービス】



期日払い(期日現金)とは

期日払いとは

期日払いとは、物を購入したり、サービスの提供を受けた際に、その代金として決められた期日(90日後、120日後など)に現金を金融機関に振り込む決済方法を指します。

期日現金・期日現金払いと呼ばれることもあります。


企業の信用力を担保にして行われる信用取引の一つとして認識されています。


例えば、締め日から90日後に期日払いを行う場合を例に挙げると以下の通りです。


事例

3月末締めで請求をした場合、3ヶ月(90日)後の6月29日が期日となります。


通常、手形は取引の支払い時点で現金が用意できない場合などに用いられますが、期日払いも手形と同じ目的で利用されます。

手形と同様に支払期日に現金振り込みで支払いを行いますが、約束手形などが発行されることはありません。


つまり、期日払い(期日現金)は、手形発行に伴う経費(印紙税や手形管理費など)を削減できるというメリットがあります。

ただし、手形取引の件数が少数の場合は、あまりコスト削減に繋がらないこともあります。


期日払いは、手形のように割引や譲渡を行うことは出来ません。

そのため、支払期日前に現金化をすることも出来ません。


ファクタリングは、従来の手形割引とよく似たサービスとして一般に認識されています。手形割引はその名の通り手形を媒介とした取引ですが、ファクタリングは売掛債権(売掛金)を対象とします。このページでは、手形割引の特徴や手順を見ていくことで両者の違いを明らかにしていきます。

ファクタリングとの違い

期日払い(期日現金)は、企業が提供しているサービスではなく決済方法・手段の一つです。


一方、ファクタリングは、売掛債権の売買取引によって資金調達を可能にするサービスです。

また、売掛債権に保険をかけてリスクを回避する場合にも利用されます。


ファクタリングとは、売掛金や受取手形などの売掛債権を保有している企業が、ファクタリング会社に売掛債権を売却することで、速やかに事業資金を調達することが出来る金融サービスです。企業にとっては、自社の資金ニーズに応じて臨機応変に売掛債権を売却することで、スピーディーに売却代金を受け取ることが可能です。

このように、そもそもの利用意図が異なるため、違いを見つけるという表現はあまり適切ではないかもしれません。


期日払い(期日現金)は、売掛債権であるため、ファクタリングサービスを利用することが可能です。


ファクタリングを利用すれば、代金の支払期日前に現金化をして資金調達を行うことが出来ます。


売掛債権とは

商品やサービスの販売などによって、受け取れるはずのお金を請求できる権利のこと。


ただし、売掛債権の売却にあたっては手数料を支払う必要があるため、実際に手にするお金は売掛代金の額面よりも小さくなります。


まとめ

期日払い(期日現金)とファクタリングは、そもそも比較する対象ではないと言えるでしょう

期日払いは、あくまでも代金債権であり、金融サービスではありません。

比べる対象としては、手形などの方が適切でしょう。


ファクタリングは、未回収の売掛金を買い取ってもらうことで企業の資金調達をサポートするサービスです。

期日払いは、代金支払いまでの期日が比較的長い(90日・120日など)ため、早期に資金調達を行う際はファクタリングを利用するという方法も有効です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする