ファクタリングと銀行融資の違い

ファクタリングと銀行融資の違い

ファクタリングと銀行融資の違い

企業が資金調達をする際は、銀行から融資を受けるという方法が一般的ですが、ファクタリングを利用するという方法もあります。

近年、ファクタリングは、銀行融資に代わる事業資金の調達方法として注目されています。


日本は、他の国に比べて銀行への依存度が高いことを指摘されていますが、ファクタリングの利用は企業にとって多用な資金調達を可能にします。


このページでは、銀行融資とファクタリングの違いについて説明をしています。


ファクタリング会社比較表

三共サービス
三共サービス
えんナビ
えんナビ
アクセルファクター
アクセルファクター
アンカーガーディアン
アンカーガーディアン
七福神
七福神
ジャパンマネジメント
ジャパンマネジメント
個人事業主×
手数料3社間:1.5%~‎
2社間:5%~‎
2社間:5%~‎2社間:2%~‎2社間:3%~‎お問い合わせ下さい2社間:3%~‎
全国対応西日本全域
入金時間最短翌日最短即日最短即日最短翌日最短即日最短即日
取引額100万円~1億円30万円~5,000万円30万円~3,000万円~5,000万円お問い合わせ下さい30万円~5,000万円
公式サイト詳細詳細詳細詳細詳細詳細


銀行融資とは

銀行融資とは、銀行などの金融機関から事業資金を借り入れることを指します。

銀行から融資を受けることが出来れば、資金繰りが改善するだけでなく、企業としての信頼性の向上にも繋がります。


しかしながら、融資を受けるということは、「負債を増やす」ことになる金銭消費貸借契約であるため、借入金額(元本)に応じて利息(金利)が発生します。

非営利団体である信用金庫などとは違い、銀行はあくまでも営利企業です。

銀行の一番の収益源は、企業に融資することで得ることができる利息収入です。


銀行から融資を受ける際の金利は、初めから設定されている金利格付けによって決まる金利の二種類に分けられます。


はじめから設定されている金利

個人を対象とする消費性融資(非事業性融資)の場合は、はじめから金利が決まっているものがあります。


消費性融資としては、住宅ローン、カードローン、オートローン、教育ローンなどが代表的です。


住宅ローンには、変動金利固定金利の2種類があります。


固定金利は、完済までの適用金利が決まっています。

変動金利は、半年ごとに適用金利が見直されます。


資金に余裕がある場合や、借入期間が短い場合、借入額が小さい場合は変動金利のメリットを受けやすいと言えます。

借入期間や借入額、年収などの条件によっては、変動金利よりも固定金利を選ぶ方が有利な場合があります。


多くの場合、どこの銀行も金利はほぼ同水準であることが多いようです。


ただし、金融機関の規模によっては、金利に差が生じる場合もあります。

たとえばメガバンクは、資金市場から低い調達コストで大量に資金を調達することが可能です。その結果、信用金庫などに比べて金利を低く設定することが出来ます。


格付けによって決まる金利

事業資金融資の場合は、融資先によって金利が変わります。

金利を決定するために、銀行が融資先企業に対して信用格付を行います。

融資をするかどうかの取引方針は、この信用格付けに基づく審査によって決定されます。


銀行の金利決定のメカニズムを把握しておきましょう。


金利決定のメカニズム

金利 = 調達金利 + 銀行の経費 + 予想損失 + 利益


調達金利

調達金利とは、銀行の資金調達コストのことを指します。

銀行は、市場や日本銀行などから低金利で資金を調達しますが、これは中央銀行が定める政策金利によって変動します。


政策金利とは

中央銀行が、一般の銀行(市中銀行)に融資する際の金利。 中央銀行の金融政策によって決められ、景気が良い場合には高く設定され、景気が悪い場合には低く設定される。


銀行の経費

経費には、銀行の行員の給料などの人件費、店舗、広告、コンピューターシステム関連の費用、融資先企業の調査費、税金などが代表的です。


営業経費の粗利益に対する比率を経費率(OHR)と言います。

この比率が低いほど、より少ない営業経費でより多くの粗利益を上げていることを表します。


予想損失

銀行は、融資先企業に対して信用格付を行います。

格付の指標として、企業が倒産する確率を予測し数値化した確率を算出します。


財務内容や業績などが悪い企業は、貸し倒れリスクが高くなるので、信用格付は低くなります。


利益

銀行の事業は、営利を目的としているため、利益を得る必要があります。


調達金利、銀行の経費、予想損失は、銀行にとってのコストであるため、それを上回る儲けを出さなければなりません。

そのため、金利から調達金利、銀行の経費、予想損失を差し引いても利益が残るように設定されます。


銀行は、企業が提出する決算書を元に信用格付けを行います。

そのため、銀行から融資を受けるためには、決算書の内容が良いことが大前提となります。


銀行は、決算書から企業の収益性、安全性、成長性、債務の償還能力をチェックします。

この4点の内容が良い場合は、信用格付は高くなるため、銀行から低金利で融資を受けやすくなります。


ファクタリングとは

ファクタリング(factoring)とは、未回収の売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらうサービスです。あくまでも「融資」や「借入」とは異なります。

企業・個人事業主は、売掛金の売却益によって資金調達を図ることが出来ます。


また、掛取引に付き物である未回収リスクを防ぐことが出来るというメリットもあります。


ファクタリングには、利用者とファクタリング会社で行う2社間ファクタリングと利用者と取引先、ファクタリング会社で行う3社間ファクタリングがあります。


2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、利用者とファクタリング会社で行うため、取引先(売掛先)に対して、売掛債権の譲渡通知や承諾を通知する必要がありません。

そのため、売掛金の売却を取引先に知られることはありません。


ファクタリング会社の審査に通れば、最短即日での入金が可能となります。※ファクタリング会社によって異なります。


ファクタリング会社に売掛金を売却すると、ファクタリング契約手数料(10%~30%程度)を差し引いた金額が指定口座に入金されます。


3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、利用者と売掛先、ファクタリング会社の3社間で行う取引を指します。


3社間ファクタリングは、2社間とは異なり、売掛先に売掛金を売却することを通知し承諾を得る必要があります。

また、第三者対抗要件で通知した場合は、債権譲渡登記を行わなければいけません。


3社間ファクタリングは、2社間ファクタリングに比べて、回収不能になるリスクが低いため、手数料は2社間よりも低く設定されています。


ただし、審査内容は厳しいため、中小企業にとっては利用までのハードルが高い点が特徴です。

そのため、3社間ファクタリングは、大企業向けであると言えます。


ファクタリングの仕組みは、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類に大別されます。どちらも売掛金を売却して資金化をすることが目的ですが、その手順や結果(費用や入金までの期間)については大きく異なります。このページでは、2つの取引方法の違いを見ていくことで、メリットとデメリットを説明していきます。

ファクタリングと銀行融資の違い

ファクタリングと銀行融資の違いには以下のようなものがあります。


返済義務

ファクタリング

ファクタリングは、売掛債権の譲渡契約であるため、金銭を返済する必要はありません。

資産を譲渡する対価として代金を受け取ります。


銀行融資

銀行融資は、金銭消費貸借契約であるため、貸主に対して返済義務が生じます。

返済時には、元本に対して返済利息を支払う必要があります。


資金調達の難易度

ファクタリング

ファクタリングは、基本的には売掛金を保有していれば利用することが出来ます。

審査内容は比較的易しいため、資金調達手段としての難易度は低いと言えます。


銀行融資

銀行からお金を借りる場合は、事業計画書を提出して、事業の目標や収益性などを示す必要があります。

この計画案に基づいた利益の中から返済をしていくことになるため、銀行を納得させるだけの具体的で説得力のある内容であることが大前提です。


また、併せて決算書の提出も求められるため、既に経営が安定していることが重要な要素となります。


融資を受けるための審査は、決して甘いものではないため、難易度は高いと考えるべきでしょう。


調達コスト

ファクタリング

ファクタリングの利用に際しては、ファクタリング会社に手数料を支払う必要があります。

2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングの方が未回収リスクが引くため、手数料も低めに設定されています。


銀行融資

融資を受けた場合は、借入金と支払利息を返済する義務があります。

企業の信用格付が高いほど、利息の利率は低くなります。


また、信用保証協会付きの融資は、銀行gが100%の責任で貸し出すプロパー融資に比べて低い金利に設定されています。


資金調達までの時間

ファクタリング

2社間ファクタリングの場合は、利用者とファクタリング会社の2社間での取引のため、即日~数日程度で入金を確認することが出来ます。


3社間ファクタリングの場合は、利用者とファクタリング会社に加えて、取引先の3社間での取引のため、ある程度の時間を要します。

一般的には、即日~数日程度で入金を確認することが出来ます。


銀行融資

金融機関から新規で融資を受ける場合は、1ヵ月~2ヵ月程度の期間を要します。

プロパー融資は、信用保証協会付きの融資に比べてプロセスを簡略に行えるため、融資までの期間は短いケースが一般的です。


審査内容

ファクタリング

ファクタリングは、基本的に企業・個人事業主の業績や財務内容などを問われることはありません。

一般的には、売掛先である取引先企業の信用力が重要視されます。


銀行融資

金融機関が提供する事業資金融資は審査に通過することが大前提です。

企業の業績や財務内容、事業の健全性などについて厳しくチェックされます。

審査では、企業の返済能力の有無を判断されるため、2期連続で赤字を計上してしまった場合は銀行の態度は厳しくなります。


保証人、担保の有無

ファクタリング

ファクタリングサービスは、融資や借入ではないため保証人や担保を用意する必要はありません。

多くの場合、未回収の売掛金を保有していれば利用することが出来ます。


銀行融資

銀行から融資を受ける際は、保証人・連帯保証人、担保を付けることが前提となるケースが一般的です。

保証人・連帯保証人を付けることは、決して容易いことではないため、企業にとっては大きなネックであると言えます。


信頼性

ファクタリング

ファクタリング会社の質はピンキリです。

多用な業者が参入しているため、残念なことですが粗悪なサービスを行うファクタリング会社も存在します。

ヤミ金まがいの悪質な業者もいるため、利用に際しては慎重を期す必要があります。


銀行融資

銀行は、監督官庁である金融庁の厳しい指導を受けており、地域に根ざした長い業暦に裏打ちされた高い信頼性を有しています。

一方で「貸し渋り」や「貸しはがし」などのネガティブなイメージで語られることもありますが、信頼性という点では確固たる地位を確立しています。


まとめ

銀行融資は、企業にとって負債を増やすことを意味する資金調達方法です。

現在でも最も一般的な資金調達手段として認識されています。

ただし、融資にあたっては、企業の業績が大きく影響します。


一方、ファクタリングは、企業にとっての資産である売掛債権を売却することで行う資金調達方法です。

既存の保有資産を現金化することで資金調達を図ることが出来る点が特徴です。

銀行融資とは異なり、売掛金を保有していれば赤字決算・債務超過ででも利用することが可能なため、ハードルは低いと言えます。


ファクタリング会社を比較

ファクタリング会社を選ぶ時は、複数の業者に問い合わせをして、それぞれの会社の見積もりを取ることが重要になります。

各社の見積もりを比べた結果、最も条件の良い会社に依頼することが最善の資金調達に繋がります。


代表的なファクタリング会社5社を厳選してピックアップし、比較掲載しています。


三共サービス

三共サービスでファクタリング

業界トップクラスの実績!他者利用中でもOK。売掛金の売却ですばやく資金調達、キャッシュフロー改善率は92.4%「三共サービス」


入金時間最短翌日 手数料3社間:1.5%~
2社間:5%~
審査通過率97.6%~ 取引額100万円~1億円
個人事業主× 契約方法電話・メール
取扱サービス2社間/3社間 分類独立系
特徴取引先の信用を気にすることなく資金調達スピーディー対応。24時間受付。法人向け。償還請求権ノンリコース契約。

詳しくはこちらから


ファクタリング【えんナビ】

えんナビ

2社間契約で秘密厳守を徹底しているので、売掛先や従業員に知られることはありません。24時間365日最短1日の資金調達が可能。「えんナビ」


入金時間最短1日 手数料2社間:5%~
審査通過率記載なし 取引額30万円~5000万円
個人事業主 契約方法電話・メール
取扱サービス2社間 分類独立系
特徴赤字決済、債務超過、税金滞納、返済の条件変更などでお悩みの方でも大丈夫。最短即日で資金調達。

詳しくはこちらから


アクセルファクター

売掛金売却で資金調達「アクセルファクター」

業界トップクラス(3,000万円以下)のスピードファクタリング。最短即日入金、手数料2%、審査通過率93%「アクセルファクター」


入金時間最短即日 手数料2社間:2%~
審査通過率93%~ 取引額30万円~3,000万円以下
個人事業主 契約方法電話・メール・郵送
取扱サービス2社間 分類独立系
特徴「審査通過率93%」「手数料2.0%~」「最短即日入金」と圧倒的なスピードで早急に資金調達可能。
経営者さまへ安心してご利用頂けるサービスを提供。

詳しくはこちらから


アンカーガーディアン

ファクタリング アンカーガーディアン

他社から乗り換え歓迎!即日スピード資金調達。業界最高水準で九州から関西の西日本全域対応!「アンカーガーディアン」


入金時間最短翌日 手数料2社間:3%~
審査通過率100%~ 取引額~5,000万円
個人事業主 契約方法メール・FAX・郵送
取扱サービス2社間/3社間 分類独立系
特徴債務超過、税金滞納、個人事業主でも問題なく対応。金額・内容に関わらず売掛金の100%を買取!西日本全域の企業が対象。

詳しくはこちらから


MSFJ

ファクタリングなら株式会社MSFJ

いつでもあなたのパートナー宣言をモットーに、利用者の立場に立ち、それぞれの立場にあった手数料で経験豊富な資金調達のプロが最後までサポート。「MSFJ」


入金時間最短即日(100万円まで) 手数料2社間:3.8%~(最大300万まで)
2社間:1.8%~(最大5,000万まで)
審査通過率記載なし 取引額~5,000円
個人事業主 契約方法電話・メール
取扱サービス2社間 分類独立系
特徴信用機関へデータが残ることは一切なし。取引先に秘密を保持したまま資金調達が可能。「クリックファクタリング」「プレミアムファクタリング」の2種類から選択可能。

詳しくはこちらから


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする