ファクタリングの基礎知識一覧

ファクタリングの基礎知識

ファクタリングに関する基礎知識のカテゴリーです。

ファクタリングと電子記録債権(でんさい)の違い

ファクタリングは、売掛債権を売却して資金調達を可能にするサービスですが、同じように債権を現金化するサービスに電子記録債権(でんさい)があります。ファクタリングとでんさいは共通点があるため、混同することもあるかもしれません。このページでは、両者の特徴を見ていくことで具体的な違いを明らかにしていきます。

ファクタリング会社の選び方

ファクタリングサービスを利用しようと思っても、「何を基準に会社選びをすればいいの?」「どの会社に申し込めばいいか分からない。」などの疑問を持たれている方は決して少なくありません。ここでは、ファクタリングサービスを利用する際に最も重要になる、ファクタリング会社選びで失敗しないための選び方を中心に説明しています。

ファクタリングの種類

企業が売掛債権を売却して資金化を図る方法のことをファクタリングと呼びますが、一口にファクタリングと言ってもその種類は様々です。ここでは、「買取ファクタリング」「保証ファクタリング」「一括ファクタリング」「診療報酬債権ファクタリング」「国際ファクタリング」等の代表的なファクタリングについて説明をしていきます。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いについて

ファクタリングの仕組みは、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類に大別されます。どちらも売掛金を売却して資金化をすることが目的ですが、その手順や結果(費用や入金までの期間)については大きく異なります。このページでは、2つの取引方法の違いを見ていくことで、メリットとデメリットを説明していきます。

ファクタリングとは

ファクタリングとは、売掛金や受取手形などの売掛債権を保有している企業が、ファクタリング会社に売掛債権を売却することで、速やかに事業資金を調達することが出来る金融サービスです。企業にとっては、自社の資金ニーズに応じて臨機応変に売掛債権を売却することで、スピーディーに売却代金を受け取ることが可能です。