ビジネスの基礎知識一覧

ビジネスの基礎知識

ビジネスの基礎知識に関するカテゴリーです。

ファクタリングと電手決済サービス(電子手形)の違い

電手決済サービスは、金銭債権の譲渡により資金調達を行うことが出来るため、ファクタリングとの類似性を指摘する意見もあります。このページでは、電手決済サービスの詳細を把握していくことでファクタリングとの違いを明らかにしていきます。

ファクタリングと手形割引の違い

ファクタリングは、従来の手形割引とよく似たサービスとして一般に認識されています。手形割引はその名の通り手形を媒介とした取引ですが、ファクタリングは売掛債権(売掛金)を対象とします。このページでは、手形割引の特徴や手順を見ていくことで両者の違いを明らかにしていきます。

ファクタリングと一括支払信託の違い

ファクタリングと一括支払信託は、どちらも企業が保有する債権を現金化することができる金融サービスです。どちらも企業の資金調達の多様化・安定化に繋がる手段として注目されています。このページでは、それぞれの特徴を見ていくことで違いを明らかにしていきます。

メザニンファイナンスとは

資金調達には、バランスシート上の「負債」によって事業資金を調達するデッドファイナンスと、「純資産(資本)」として調達するエクイティファイナンスがあります。メザニンファイナンスは、このデットファイナンスとエクイティファイナンスの両方の特徴を併せ持つ資金調達方法です。このページでは、メザニンファイナンスと呼ばれる資金調達方法について解説しています。

アセットファイナンスとは

企業経営において必要不可欠となる資金調達には多種多様の方法がありますが、大きくアセットファイナンス、デッドファイナンス、エクイティファイナンスの3種類に分類されます。このページでは、アセットファイナンスと呼ばれる資金調達方法について詳しく解説しています。

ファクタリングと電子記録債権(でんさい)の違い

ファクタリングは、売掛債権を売却して資金調達を可能にするサービスですが、同じように債権を現金化するサービスに電子記録債権(でんさい)があります。ファクタリングとでんさいは共通点があるため、混同することもあるかもしれません。このページでは、両者の特徴を見ていくことで具体的な違いを明らかにしていきます。

掛取引(売掛金・買掛金)とは

掛取引とは、商品取引の支払い方法の一つで、商品の引渡し時に代金支払いを行なわず、決められた支払期日までに支払いを行なうことを言います。「代金の後払い」と言い換えることも出来ます。双方の信用に基づいて行われるため、信用取引とも呼ばれます。このページでは、掛取引(売掛金・買掛金)に関する基礎知識を説明しています。