アセットファイナンスとは

アセットファイナンスとは

資金調達とアセットファイナンス

企業経営において必要不可欠となる資金調達には多種多様の方法がありますが、大きくアセットファイナンスデッドファイナンスエクイティファイナンスの3種類に分類されます。


デットファイナンスは、企業の会計において負債にあたる資産運用です。このページでは、デットファイナンスと呼ばれる資金調達方法について解説しています。
エクイティファイナンスは、企業のバランスシート上で「負債」ではなく「純資産(資本)」として扱われます。このページでは、エクイティファイナンスと呼ばれる資金調達方法について解説しています。

アセットファイナンスを端的に説明すれば、資産の担保価値を利用して事業資金を調達することを言います。

このページでは、アセットファイナンスと呼ばれる資金調達方法について解説しています。


ファクタリング会社リスト

中小企業ビジネスサポート

手数料は業界最低基準の2%~。最短即日実行可能でMAX1億円まで対応。資金調達のことなら「中小企業ビジネスサポート」


アクセルファクター

小口買取専門(300万円以下)のスピードファクタリング。最短即日入金、手数料5%、審査通過率93%「アクセルファクター」 


アンカーガーディアン

他社から乗り換え歓迎!即日スピード資金調達。業界最高水準で九州から関西の西日本全域対応!「アンカーガーディアン」


三共サービス

売掛金活用でスピーディーに資金調達!他社利用中でもOK!手数料5%~ 2社間ファクタリングの【三共サービス】



アセットファイナンスの特徴

アセットファイナンスとは

アセットファイナンス(AF,Asset Finance)とは、企業のバランスシート(B/S,貸借対照表)上の「資産(Asset)」から生じるキャッシュフローに基づく資金調達方法のことを指します。

不動産や動産、債権、知的財産権などといった資産の信用力を裏付けとして資金調達を行う点が特徴です。


企業が保有している資産が将来生み出す利益を担保として融資を受けることが出来ます。

アセットファイナンスの代表例としては、不動産担保融資が挙げられます。


近年では、アセットファイナンスは、借入・融資に頼らない資金調達方法としても認識されています。

そのため、資産のオフバランス化を図れる点が大きなメリットとなります。


オフバランス化とは、資産をバランスシートから切り離す(オフにする)ことを意味しますが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?このぺージでは、オフバランス化によるメリットに焦点を当てて解説しています。

また、アセットファイナンスという名称は、企業が保有している売掛金や受取手形といった売掛債権などの金銭債権を売却することで資金調達を行う金融サービスのことを指すこともあります。


ファクタリングは、売掛債権(売掛金)を売却して現金化を行うサービスのことを指しますが、資金調達の分類上は、このアセットファイナンスの一つに位置づけられます。


アセットファイナンスは、企業が保有する資産を用いて行う資金調達方法ですが、企業価値そのものに基づく資金調達方法はコーポレートファイナンスと呼ばれます。

また、特定事業に対して行われる融資のことをプロジェクトファイナンスと言います。


コーポレートファイナンス

コーポレートファイナンス(CF,Corporate Finance)という言葉は、見る側の視点によってその意味合いは異なります。


金融機関側から見た場合は、金融機関の企業に対する企業価値を引当て(抵当・担保)とする金融のことを指します。


通常、企業が保有する特定資産の収益力と債務担保能力に基づいて行われる企業貸付を意味します。

返済の確実性は企業の信用力に求められるため、融資にあたっては企業の事業内容や財務実績などを精査されます。

コーポレートファイナンスは、物的な担保を取り、ローンは遡及権(リコース)付きで組まれるケースが一般的です。


一方、企業側から見た場合は、企業による財務活動全般のことを指します。


主に、企業の財務活動のうち、事業に必要な資金を金融市場から調達することを指す場合が多いようです。

また、企業価値の最大化を図るために、「どのようにして資金を調達するか」、「調達した資金をいかに投資に活用するか」という一連の企業活動を意味する場合もあります。


プロジェクトファイナンス

プロジェクトファイナンス(PF,Project Finance)とは、アセットファイナンスやコーポレートファイナンスと対比して使われる言葉です。

特定事業(プロジェクト)に対して融資を行い、そこから生み出される収益(キャッシュフロー)を返済の原資とする点を特徴とします。


一般に、担保となるのは特定事業の資産全てであり、追加で担保を用意する必要はないとされています。


資金や経営手法などを利用して民間に施設整備と公共サービスの提供を行うケースも多いことからPFI(private finance initiative) と呼ばれることもあります。


アセットファイナンス資産から生じるキャッシュフローに基づく資金調達方法のこと
コーポレートファイナンス企業価値そのものに基づく資金調達方法のこと
プロジェクトファイナンス特定事業から生み出される収益に基づく資金調達方法のこと

アセットファイナンスのメリット

アセットファイナンスのメリット

資産の流動化

資産の流動化とは、企業が保有する「資産」の信用力を基に行う資金調達のことを言います。

企業が保有する「資産」を切り離し(オフバランス)、その資産価値が生み出すキャッシュフローを裏付けとして資金調達を行います。

企業の信用力に左右されることがないため、コーポレートファイナンスに比べて利用しやすい資金調達方法であると言えます。


企業経営を長く続けていると、バランスシートの「総資産」は拡大していくのは自然なことです。


しかし、バランスシートが肥大化することは、企業にとっては決して好ましいことではないため、資産と負債を減らしてスリム化することが求められます。

負債を返済してバランスシートを改善することは、借入金や社債の金利負担を軽減できるというメリットがあります。

また、ROA(総資産利益率)などの財務指標の向上にも繋がるため、金融機関や投資家などからの評価が高くなる点もメリットです。


アセットファイナンスを利用することで、バランスシートを改善し経営効率を高めることが出来ます。


まとめ

アセットファイナンスは、債権自体の信用力に依拠した資金調達方法です。

事業資金の調達だけでなく、企業の保有資産を切り離すことで、オフバランス化を図ることが出来る点もメリットは大きいと言えます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする