ファクタリングとは

ファクタリングとは

ファクタリング

ファクタリングとは、売掛金や受取手形などの売掛債権を保有している企業が、ファクタリング会社(ファクター)に売掛債権を売却することで、速やかに事業資金を調達することが出来る金融サービスです。

一般的には、ファクタリング会社による売掛債権の回収業務までを含めます。


BtoB(企業間取引)をイメージする方が多いかもしれませんが、個人事業主向けのサービスも数多く存在します。


企業にとっては、自社の資金ニーズに応じて臨機応変に売掛債権を売却することで、スピーディーに売却代金を受け取ることが出来ます。

金融機関の融資とは異なり、担保を必要をとしないため、効率化や迅速化を図ることも可能です。


ただし、利用に際しては、ファクタリング会社に対して手数料、もしくは割引料(支払割引料・手形割引料)を支払う必要があります。


ファクタリング会社リスト

中小企業ビジネスサポート

手数料は業界最低基準の2%~。最短即日実行可能でMAX1億円まで対応。資金調達のことなら「中小企業ビジネスサポート」


アクセルファクター

小口買取専門(300万円以下)のスピードファクタリング。最短即日入金、手数料5%、審査通過率93%「アクセルファクター」 


ベストファクター

売掛金の買取サービスで即日資金調達、来店不要で審査可能、平均買取率92.2%、業界最低水準手数料5%~【ベストファクター】 


アンカーガーディアン

他社から乗り換え歓迎!即日スピード資金調達。業界最高水準で九州から関西の西日本全域対応!「アンカーガーディアン」



借入とは異なる

銀行

ファクタリングは、売掛金を売却するサービスであるため、金融機関等からの借入とは異なります。

そのため、銀行から融資を受ける行為とは、本質的に別物であると言えます。


金融機関からの借入よりも「手形割引」に近いサービスだと考えることが出来ます。


手形割引とは

手形割引とは、満期前の手形を金融機関や手形割引業者へ裏書譲渡し、満期日までの利息に相当する額や手数料を差し引いた金額で換金すること。


本来、ファクタリングは、ファクタリング会社が企業の売掛債権(請求書)を買い取り、自身がリスク負担を背負うことで代金回収を行う金融サービスのことを指すものでした。

つまり、サービサーのような債権回収を主要な業務としていました。


サービサーとは

債権回収会社(サービサー)とは、金融機関等から委託を受けまたは譲り受けて、特定金銭債権の管理回収を行う債権管理回収専門業者のこと。

金融機関やノンバンクから、いわゆる「不良債権」を買い取り債務者から回収する業務を指す。


日本の企業は、世界的に見れば資金調達の方法を銀行からの借り入れに対する依存度が高いと言われています。

そのため、以前から、不動産担保を必要とする銀行融資に代わる資金調達方法を要望する声が上がっていました。


現在では、国(経済産業省)も認める資金調達手段として、ファクタリングは注目されています。

経済産業省中小企業庁では、売掛債権担保融資保証制度を創設し、正当な資金調達手段として普及を進めています。


ファクタリングと銀行融資の違い

ファクタリングと銀行融資の違い

資金調達には様々な方法がありますが、ここでは最も代表的な「銀行からの融資」を例に挙げて、「ファクタリング」との違いを説明していきます。


企業や個人事業主が事業資金を調達する方法として最も一般的な方法が銀行融資です。


銀行融資

銀行融資は、企業の資金繰りを考える場合、選択肢としてまず第一に候補に挙がる資金調達手段です。

ほとんどの企業が金融機関に融資の申し入れを行うことで、創業資金や事業資金の借入れを行っているはずです。


金利・費用

銀行や信用金庫から融資を受ける行為は、金銭消費貸借契約であるため、必ず元金に対して金利が発生します。

金利は、企業の財務状況の安全性固定 or 変動プロパー融資か保証協会付融資を選ぶかで変わってきます。


プロパー融資とは

プロパー融資とは、信用保証協会を付けずに、直接銀行からお金を借り入れる融資のこと。

保証協会付融資に比べて、保証協会に支払う保証料を節約することが出来るが、審査は厳しいとされる。


プロパー融資は、銀行から直接融資を受けることが可能なため、保証料を支払う必要が無く、低金利で利用することが出来ます。


また、金融機関の種類(都市銀行、地方銀行、信用金庫・信用組合)によっても変わってきます。

規模の大きい都市銀行は、地方銀行や信用金庫・信用組合に比べて金利を低く設定しているケースが一般的です。


つまり、一口に金利と言っても、企業の状況や選択肢によって幅があるということです。


また、銀行や信販会社、消費者金融などが提供するビジネスローンを利用することも可能です。一般的に、10%程度の金利がかかります。


審査

銀行に融資を申し込んだとしても、必ずしも借入できるわけではありません。

融資を受ける際には、厳正な審査があるからです。


審査項目は多岐にわたり、総合的に審査されますが、実際には2つのポイントを重要視しています。

具体的には、返済能力返せなくなった時の担保・保証能力の2点をチェックされます。


主に、以下の内容に該当する場合は、審査の通過率が低くなります。


  1. 連続3期以上、赤字決算の企業
  2. 債務超過の企業
  3. 債務返済の原資が調達できない企業

また、融資を申し入れた際の審査は、一般的に保証協会付融資よりもプロパー融資の方が厳しくなる傾向があります。


担保・保証人

中小企業経営者が金融機関に融資を申し入れた場合は、ほとんどの場合、担保保証人(連帯保証人)を要求されます。

担保や保証人を付ければ、審査に通過する確率が高くなりますが、返済不能に陥った場合は不動産を取られることになります。

また、保証人を付けている場合は、督促が保証人に行くため、トラブルに発展してしまうことも少なくありません。


財務内容によっては、保証人(連帯保証人)の他に第三者保証を求められるケースもあります。


資金調達までの時間

金融機関から融資を受ける場合は、それなりに期間を要します。

新規で融資を申し込む場合は、1ヵ月~2ヵ月程度かかることもあります。

既に取引のある金融機関から融資を受ける場合でも、半月程度かかります。


このように、銀行融資は、必ずしも迅速性に優れるというわけではありません。


信頼性

信頼性の面で見れば、金融機関は非常に優位な立場にあります。

日本全国に影響力を持つメガバンクはもとより、地元経済界の名士としての地位を確立する地方銀行など、長い歴史を持つ金融機関の運営に対する信頼度は高いと言えます。


ただし、金融機関としての信頼性を欠くようなニュースも散見されるため、必ずしもその限りではないと補足しておく必要があるかもしれません。


ファクタリング

前述した通り、ファクタリングは、融資や貸付とは異なり、売掛債権を売却することで現金化し、スムーズに資金調達を図るための手段です。

そのため、売掛債権を保有していない場合はファクタリングサービスを利用することは出来ません。


基本的には、売掛金があれば利用出来るサービスであるため、リスケ中(返済猶予、返済条件変更)であっても審査には影響しません。


ファクタリングを利用すれば、支払い期日まで待たないと現金化することが出来ない売掛金を、支払い期日より前に現金化することできます。

ちなみに、ファクタリング利用者の約半数は、200万円未満の少額利用であると言われています。


ファクタリングには、2社間ファクタリング3社間ファクタリングの2種類があります。


2社間ファクタリング
取引会社(債務者)に通知せずに売掛債権を売却する方式。
3社間ファクタリング
取引会社(債務者)に通知(債権譲渡通知)をして売掛債権を売却する方式。

金利・費用

ファクタリングは、金銭消費貸借契約ではないため、金利が発生することはありません。


ただし、ファクタリングサービスを利用するにあたり費用がかかります。

費用は、ファクタリング会社によって様々ですが、2社間ファクタリングの場合は2%~10%程度(一般的には5%が目安)、3社間ファクタリングの場合は10%~30%程度が相場とされています。


また、売掛金により取引を行っている企業の信用力が高い場合は、金利が低くなり、信用力が低い場合は金利が高くなるケースが一般的です。


ファクタリング会社を比較して、できるだけ調達コストの低いところを選ぶことがカギになります。


審査

銀行融資においては、企業の財務状況を細かく調査されます。その際、審査基準を満たしていることが審査に通過するための条件となります。

どれだけ担当者と協議を重ねても、経営状態に難がある場合は銀行から融資を受けることは難しいのが実情です。


しかし、ファクタリングの場合は、企業の財務状況や事業内容を問われることはありません。

調査する先は、あくまでも売掛金が発生している取引先の企業です。

ファクタリング会社は、基本的には取引先の信用力を重要視します。


そのため、売掛債権を保有していれば、ファクタリングを利用出来るケースが一般的です。


担保・保証人

ファクタリング取引では、担保・保証人を用意する必要はありません。

手間や労力をかける必要はないため、スムーズな資金化を図ることができます。


資金調達までの時間

ファクタリングは、資金調達までの時間が短い点がメリットです。

最短即日24時間以内に、入金を確認することが可能です。


ファクタリングは、申し込みから売掛金の売却までの手順が簡易なため、その日の内に資金化を図ることができます。


ファクタリングの手順

ファクタリング取引が成立するまでの流れは、以下の通りです。


  1. ファクタリングの申し込み
  2. ヒアリング
  3. 見積もり
  4. 条件の確認
  5. 売買成立
  6. 入金

上記の工程を最短1日で完了することが可能です。


信頼性

現在、ファクタリングサービスは、多種多様な企業が提供しています。

貸金業者とは異なるため、貸金業法に基づく貸金業登録を行う必要がないため、比較的容易に設立することが可能です。


参入しやすい業種であるということは、利用者にとって選択肢の幅が広がるというメリットがありますが、その反面、不利な条件で売掛債権を買い上げる悪質な業者も存在するということです。

ファクタリングサービスを利用する場合は、信頼できる優良な会社に依頼することが重要になります。


複数のファクタリング会社に問い合わせを行い、各社の条件をよく把握した上で、比較検討を行い、綿密に精査していく作業が求められます。

応対の感じや提案内容などの観点であたりをつけ、悪質な会社を避けて優良な会社を選ぶことが大事です。


2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い
2社間ファクタリング3社間ファクタリング
取引先への通知なしあり
費用債権額の2%~10%程度債権額の10%~30%程度
審査比較的厳しい比較的易しい
資金調達までの時間即日~数日半月~数ヶ月後

ファクタリングの仕組みは、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類に大別されます。どちらも売掛金を売却して資金化をすることが目的ですが、その手順や結果(費用や入金までの期間)については大きく異なります。このページでは、2つの取引方法の違いを見ていくことで、メリットとデメリットを説明していきます。

ファクタリングと銀行融資の違い
ファクタリング銀行融資
金利なしあり(2%~6%程度)
費用あり(2社間:2%~10%程度、3社間:10%~30%程度)なし(金利に含まれる)
審査あり(売掛金があればOK)あり(審査基準は比較的厳しい)
担保なし必要な場合もある
調達までの時間即日~数日1~2ヵ月
財務諸表への影響なし(売掛金を資金化)あり(借入金の増加)
信頼性不透明(信頼できる業者から悪質なものまで多種多様)あり(高い知名度と安心感)

まとめ

銀行からの融資が期待できない場合、資金を調達する方法はいくつかあります。

その中でも、ファクタリングは、売掛金を保有していれば利用することが可能なため、確実性の高い資金調達手段として有用なものであると言えます。


資金調達で頭を抱えておられる経営者の方は、まずは自社の債権管理を見直し、ファクタリングという選択肢を会社経営の打開策として検討してみてはいかがでしょうか。


ファクタリング会社を比較

ファクタリング会社を選ぶ時は、複数の業者に問い合わせをして、それぞれの会社の見積もりを取ることが重要になります。

各社の見積もりを比べた結果、最も条件の良い会社に依頼することが最善の資金調達に繋がります。


代表的なファクタリング会社5社を厳選してピックアップし、比較掲載しています。


アクセルファクター

売掛金売却で資金調達「アクセルファクター」

小口買取専門(300万円以下)のスピードファクタリング。最短即日入金、手数料5%、審査通過率93%「アクセルファクター」


入金時間最短即日 手数料2社間:5%~
審査通過率93%~ 取引額下限なし(300万円以下)
個人事業主 契約方法電話・メール・郵送
取扱サービス2社間 分類独立系
特徴300万円以下の"小口専門"とすることで、最短即日入金・最低手数料5%・審査通過率9割超を実現。

詳しくはこちらから


ベストファクター

事業資金調達ならファクタリングの「ベストファクター」

来店不要、最短1日のスピード調達。償還請求無しの完全買取、融資NGでも利用可能、負債にならず信用確保、担保・保証人不要「ベストファクター」


入金時間最短即日 手数料2社間:2%~
審査通過率92.2%~ 取引額30万円以上の売掛金が必要
個人事業主 契約方法電話・WEB・出張訪問
取扱サービス2社間/3社間/医療報酬 分類独立系
特徴柔軟に買取利率を設定しているため、業界最高水準の審査通過率と最高水準の買取額を実現。口コミ等で利用者からの高評価多数。

詳しくはこちらから


アンカーガーディアン

ファクタリング アンカーガーディアン

他社から乗り換え歓迎!即日スピード資金調達。業界最高水準で九州から関西の西日本全域対応!「アンカーガーディアン」


入金時間最短翌日 手数料2社間:3%~
審査通過率100%~ 取引額~5,000万円
個人事業主 契約方法メール・FAX・郵送
取扱サービス2社間/3社間 分類独立系
特徴債務超過、税金滞納、個人事業主でも問題なく対応。金額・内容に関わらず売掛金の100%を買取!西日本全域の企業が対象。

詳しくはこちらから


MSFJ

ファクタリングなら株式会社MSFJ

いつでもあなたのパートナー宣言をモットーに、利用者の立場に立ち、それぞれの立場にあった手数料で経験豊富な資金調達のプロが最後までサポート。「MSFJ」


入金時間最短即日(100万円まで) 手数料2社間:3.8%~(最大300万まで)
2社間:1.8%~(最大5,000万まで)
審査通過率- 取引額~5,000円
個人事業主 契約方法電話・メール
取扱サービス2社間 分類独立系
特徴信用機関へのデータが残ることは一切なし。取引先に秘密を保持したまま資金調達が可能。「クリックファクタリング」「プレミアムファクタリング」の2種類から選択可能。

詳しくはこちらから


三共サービス

三共サービスでファクタリング

業界トップクラスの実績!他者利用中でもOK。売掛金の売却ですばやく資金調達、キャッシュフロー改善率は92.4%「三共サービス」


入金時間最短翌日 手数料3社間:1.5%~
2社間:5%~
審査通過率97.6%~ 取引額100万円~1億円
個人事業主× 契約方法電話・メール
取扱サービス2社間/3社間 分類独立系
特徴取引先の信用を気にすることなく資金調達スピーディー対応。24時間受付。法人向け。償還請求権ノンリコース契約。

詳しくはこちらから



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。